カギの救急車で鍵交換などの防犯対策!お気軽にご相談ください
鍵の救急車 電話番号 0120-698-999 カギの救急車 店舗のご案内
24時間営業年中無休各種クレジットカード利用可能

補助錠の追加
補助錠 1ドア2ロックは、確実に防犯性能を高めることが出来ます。特に玄関扉は、絶対に犯罪被害にあってはならない、大切な扉です。こじ開け対策には、補助錠が最も有効な防犯対策です。またピッキング防止効果も充分にあります。

2ロックが最強の防犯対策

補助錠の追加
玄関扉の防犯性を高める最も効果的な方法は、補助錠を追加することです。

 集合住宅の場合、人間が最も出入りしやすい唯一の扉が、玄関扉。この扉ひとつで、家の中と外が隔てられています。玄関扉は特に厳重な防犯性が求められます。

 既存の錠前をあらゆる観点から防犯性を高めるのは、実際には難しいです。扉に穴を開けやすい、特殊な工具での破壊にもろいといった場合は、大規模な工事が必要になってしまいます。しかし、補助錠の追加なら、大規模な工事も必要なく、低コスト短時間で防犯性を高めることができます。

 集合住宅は、玄関扉1つ開けられてしまえば、あっという間に全てのものが盗まれてしまいます。マンションやアパートの玄関扉には、補助錠の追加をカギの救急車ではお勧めしています。


補助錠には視覚的効果も

2ロック玄関の外観 泥棒対策で効果を発揮するのは、何といっても見た目。簡単に侵入できないとわかれば、泥棒は絶対に無理をしません。見ただけで諦めるのです。
補助錠を追加すれば、単純に不正開錠する時間も2倍かかります。例えばピッキングに強い補助錠であれば、1ロックの場合と比べて2倍どころか、何十倍も時間がかかります。破壊に弱い鍵を強化する場合、補助錠なら複数箇所を同時に壊す必要が出るため、相当困難になります。

 手馴れた泥棒は、そうした鍵の構造も熟知しています。補助錠のある家は、一目見て侵入が困難だとわかります。わずか数秒で開いてしまう鍵とは比較にならない防犯性ですから、泥棒も手が出ないのです。

 2ロックこそ、集合住宅の防犯の要です。泥棒はまず、玄関錠が1ロックの扉を探して、チェックしているのです。


カギの救急車のご提案

ap


●集合住宅は2ロックの玄関に

●視覚的効果を狙う

●高層階でもベランダ窓に防犯対策

 集合住宅で唯一の出入り口となる玄関。この玄関扉の防犯対策は、特に厳重にされるようお勧めします。1ロックはもはや、泥棒に入ってくださいと言っているようなもの。2ロックは集合住宅の常識と考えてください。泥棒は、まず1ロックの玄関扉をチェックしています。

  補助錠の追加だけでも効果は絶大ですが、さらにガードプレートや防犯カメラなどの防犯機器があれば、泥棒は近づく事さえためらいます。ちょっとした防犯機器でも確実に防犯性は向上します。

 そして忘れがちなのは、ベランダ窓。高層階であることは、防犯性にはなんら影響しません。むしろ高層階は、高所得層が多く、家財も高価な品物が多いので、むしろ狙われやすいのです。マンションのベランダ窓にも、補助錠の追加を検討されますよう、カギの救急車ではお勧めしております。


24時間いつでもご連絡ください。東京23区と近隣都県に工事車両を配車しています。カギでお困りでしたら、お気軽にお電話ください! 防犯やセキュリティに関するご相談や、 店舗での合鍵作成も随時承っております。
■新宿店
  (03)3374-3999
■新宿明治通店
  (03)3357-3999
■池袋店
  (03)5950-3999

PCサイトはこちら


2016/2010 © HOSHIKAWA SYOUJI Co.LTD Allrights Reserved.
鍵開け鍵交換鍵紛失